院長・スタッフ紹介|麻布・白金で歯科をお探しの方はゴールド麻布デンタルクリニックまで

*LINEをお使いの方はこちらからお友達登録いただけますと、お得な情報(クーポン情報等)をお受け取りすることも可能ですのでおすすめです。

〒106-0047
東京都港区南麻布3-21-17
BCityTower AZABUTOKYO 12階
  • 電話
  • お問い合わせ
  • メニュー
新着情報 News
2020/7/15(水)[ 【2020年 夏季休診日のご案内】 ]

『8月6日 木曜日 から 8月13日 木曜日』
上記の期間は休診日となります。
夏季休診日期間はお電話でのご対応が出来ません。
ご用件のある方は、メールもしくはLINEにてお問い合わせください。
メール:azabu@gold-dc.com

LINE:友だち追加


2020/4/28(火)[ 連休中の休診日・診察日のご案内 ]

【休診日】
4月29日・30日
5月3日・4日・5日・6日・7日
【診療日のご案内】
5月1日・2日・8日・9日
お痛みがある方や、急を要する方はメールもしくはLINEにてお問い合わせください。
メール:azabu@gold-dc.com

LINE:友だち追加


2020/4/21(火)[ 休診日のお知らせ ]

4月22日水曜日を、コロナ自粛対策の一環として休診とさせたいただきます。次回の診察日は【4月24日金曜日】となります。
スタッフ・患者様の身の安全の確保・感染防止のためご理解のほどよろしくお願いいたします。


2020/4/7(火)[ 感染予防対策 ]

コロナ禍ではございますが、当院は粛々と診察しております。
《感染予防対策》
*予約を制限し、他患者様との接触を避けております。

※スタッフのマスク着用/患者様毎に交換しております。
また、マスク着用のままの挨拶する事お許し下さい。

*手の触れる部位の消毒を徹底しております/エレベーターボタン,手すり,待合室内等

*診療領域内では滅菌の徹底
/器具は平常時から滅菌を徹底しておりますので、引き続き衛生管理を第一優先にて診療してまいります。

※治療前に含嗽薬によるブクブクうがいのお願い

※ディスポーザブル材料を用いております/コップや歯科用エプロン等

※治療前に含嗽薬によるブクブクうがいのお願い

※空気清浄機を設置/受付、診療の各個室(新規フィルターへ交換済)

*クリニック内の定期的な換気

*検温後のご来院を推奨しております

*体調が優れない場合は無理に来院せず、クリニックにお知らせ下さい。体調管理を行った上で、必要がござりましたら予約をお取り直しいたします。

今後は、情勢(国や都の方針等)や物流次第では、材料や技工物の納期遅れが発生するため予約日程の変更や、通常時からの遅れが起こりうることへご理解くださいませ。
////////////////////////////////////////
場合により急な休診の可能性もございます。ご理解下さいませ。
////////////////////////////////////////


2020/3/27(金)[ ]

【診察時間のお知らせ】
2020年3月28日は午後の診察時間が下記の通りとなります。
『14時30分~16時』
16時までの短縮診療となりますこと、ご理解のほどよろしくお願いいたします。


院長紹介

院長あいさつ

麻布・白金・ゴールド麻布デンタルクリニック・院長 川淵 元貴

当院のホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。
ゴールド麻布デンタルクリニック院長 川淵 元貴と申します。

当院では開業以来多くの患者様に治療を行ってきました。
来院患者様が増えてきました今でも、初心を忘れることなく大切にしていることが3つございます。

医療者として
先ず1つ目は「情報の共有」です。患者様の現状を詳しく検査、診断し、内容をわかりやすくご説明いたします。
情報は有用です。自身の健康状態(情報)を把握することはとても意味のあることです。
一般的によく聞く歯医者のお話としては、痛くなったら削って、詰めて、もしくは被せて治す。駄目なら歯を抜く。
しかし、もし腹痛で病院を受診する際に、その日にお腹を切って処置をするでしょうか。一般的には、検査を行い、診断し、治療計画を綿密に立てて処置日を迎えます。
行き当たりばったりで、切って、切除して、縫って終わりということはありえないはずです。
歯科治療も同じです。むし歯や歯周病が出来た原因を検査、診断を行います。生活習慣要因、遺伝的要因、外的要因などを考慮し、個々人に適合する治療計画を考えます。

歯は解剖学的には成人の歯は28本(もしくは32本)、お子様の歯でも20本です。疾患におかされている歯が複数本あると治療も時間がかかります。
1本の歯を治しているうちに他の歯の病状が進んでしまうことも考えられます。
そこで2つ目、「短期集中治療」を心がけています。一回の治療時間を可能な限り長くすることにより、同時に複数本を治療します。治療難易度により本数は変動しますが、患者様の優先順位および医学的な優先度をを考慮しながら治療を進めていきます。
時間をかけないと治癒しない疾患もありますが、短期で治療を完結できる疾患もあります。
忙しく度々の通院が難しい方や、歯科治療が苦手な方にご満足いただいております。短期集中治療の場合は口を長時間開けていただくことになり、疲れてしまいます。
その際は静脈内鎮静法(眠りながら終わる歯科治療)を利用することが多いです。

3つ目はとにかく「痛くない」ことを心がけています。歯科治療を敬遠する理由として‘痛み’が挙げられます。歯の神経は痛みのみを伝えます。
治療時の痛みがトラウマで歯医者に通えなくなってしまった方も多いはずです。
当院では、歯科恐怖症、嘔吐反射の強い方、パニック障害の方など歯科治療を苦手とする方も多く受け入れております。
不安はなかなかぬぐえず、来院するまでも足が重たくなってします方も多いですが、無理することなくご自身のペースで通うことが可能です。

歯が健康であれば、食事もおいしく食べられ、自信のあふれる笑顔になります。
歯を守り、健康を維持していきましょう。
父親として
また私自身も二児の父親として家庭では奮闘しており、週2日の休診日には子供たちと遊び続けます。
子供たちは一日中動き回り、あの小さい体のどこにエネルギーが隠れているのかとただただ驚愕し、大人の私の方がへとへとになります。
ここで思い知らされることが、毎日子供たちの相手をしてくれながら家庭を守ってくれる妻の偉大さです。
私は逆立ちしても、とても妻のような立ち振る舞いはできないです。
妻の働きぶりには感謝しきれません。

当院で保育士が在籍している理由は、母親をはじめとした忙しい保護者様がなかなか歯科医院に通えない現状を耳にしたからです。
やっと通えたと思っても、週に2回も通えません。そのため、当院では保育士がお子様を預かり、その間にまとめて集中的に処置を施せる環境を整えました。
日ごろの感謝の気持ちをかえすことはなかなかできませんが、地域医療を通して還元できたらと思っております。

ゴールド麻布デンタルクリニックにて皆様のご来院をお待ちしております。

ゴールド麻布デンタルクリニック
院長:川淵かわぶち 元貴もとき

経歴

2009年3月
福岡県立 九州歯科大学 卒業
都内医療法人にて臨床研修を行い、東大和病院にて医科領域の全身管理を学ぶ。
その後、都心部にて高度な審美治療、咬合崩壊を伴う高度なインプラント治療、静脈内鎮静法による歯科治療に従事。
2017年12月
ゴールド麻布デンタルクリニック 開設 

専門分野

矯正歯科治療(インビザライン・日本成人歯科矯正学会)
審美歯科・美容歯科
静脈内鎮静法を利用した歯科治療
咬合崩壊再建治療(インプラント・義歯)
インプラント治療(Nobel Biocareインプラント認定医)